The Architectural Works of Tomoko  Hidari

土浦のコートハウス

海外赴任から帰国された方のための住宅である。新建材に驚かれないように、努めて本物材料を取り入れた。また、筑波おろしから生活を護るため、そして夏場の通風のために中心に中庭を置き、その周囲に部屋を配置した。
そのため、部屋の風通しは格別である。また、中庭は、南側の庭と異なる囲われたプライベートな外部として、ティ―タイムスペースとしても利用されている。ヨーロッパ的にリビング、ダイニング、キッチンと部屋の独立性をやや高め、現代の住空間では少なくなった空間の移動を楽しむことも考慮してみた。

外壁は、嵌めこみ式の乾式タイル張りで、全体のコストの多くを占めていたが、7年経った今もほとんど変わることなく美観を保っている。予算のかけ方として大いに参考になるところである。

所在地:
茨城県土浦市
設計 :
左知子建築設計室・IF設備計画
施工 :
小川建設(株)+小林建設工業
構造 :
木造2階建
面積 :
166.15m2
完成 :
2001年4月

土浦のコートハウス

土浦のコートハウス

土浦のコートハウス

土浦のコートハウス

撮影:スタジオバウハウスネオ

作品一覧